前回のパソコンの故障でメーカーのサービスセンターから電話があり、やっぱりビデオカードが逝ってたようで、当然、同じビデオカードが無いので、最新のGTX770に交換するとのこと。

本体は土曜日に戻ってくるのだが、ふと、CUDAが使えるVrayRTのことを思い出しました。

CGパースはやっているが、全くVrayRTなんて使ったことがなかった。最新のGPUが使えるなら、と思い、手元のパソコンで、Vrayのマニュアル見ながらVrayRTを試してみました。

まず、レンダリング設定でActiveShadeでVrayRTにして、レンダラーのタイプをActiveShadeに切り替えてパネル右下のActiveShadeボタンを押せばActiveShade ウィンドウが表示できます。

マテリアル、ライトの変更、カメラの移動は(ポリゴン数も少ない)殆どリアルタイムで更新。

ん~、もうちょっといろいろ試してみないとわからないのです

VrayRT仕事で使うかとなると微妙・・・

2.0のマニュアル見ながらテストですが、現状が2.4なので、バグフィックス、機能追加などはオークさんのVrayサポートページで。